コラーゲンのタイプ・動物性コラーゲンについて

コラーゲンのタイプ・動物性コラーゲンについて

コラーゲン

魚などから抽出した成分であっても時として動物性に分類されてしまうことがありますが、コラーゲンの場合にはそれは違ってきます。

 

まず、魚由来のものは海洋性コラーゲンと分類されますし、牛や豚、鶏などから抽出ているコラーゲンを動物性コラーゲンとしているのです。

 

コラーゲンが補給できるサプリメントの場合は、動物性コラーゲンが主流になっているのです。海洋性のコラーゲンについては前のページで解説したとおりなのですが、吸収率については比較的低いとされているのが現状です。

 

分子サイズを考えてみても、高分子になりますので、身体への吸収を考えてみても効率が良いとは言えないのです。
ナノ化することも出来るのですが、構造的に難しいことがあるようでなかなかナノ化まではいきません。

 

その一方で豚由来のものに関しては、人間と豚の体の構造が似ていると言う点において、身体に非常に合いやすくなっています。そうしたことから動物性コラーゲンの中では吸収率が良いと言われているのです。

 

動物性コラーゲンの大部分が豚由来だと言うことはこうして吸収率のことを考えてのことなのです。

 

さらに動物性コラーゲンならではのメリットも存在しています。
海洋性コラーゲンの方が優秀であると思われがちなのですが、コストパフォーマンスにおいては、動物性コラーゲンの方が優れています。

 

海洋性コラーゲンと動物性コラーゲンでは、動物性コラーゲンの方が安価になりますので、サプリメントも手頃な値段で始めることが出来るのです。

 

そして熱に強いこともあって、加工技術を施しやすいというメリットも兼ね備えているのです。